高校生からでも遅くない?ドクターセノビルは強い味方

ドクターセノビル高校生

高校生でも身長を伸ばすには、「骨端線」が閉じていないことがポイント

高校生になるとある程度成長期も終わって、身長の高い子、低い子が顕著に分かれます。周りの友人がなぜか大人に見えてしまっとり・・・なんていうことも。

しかし、「高校生になると、もう身長は伸びない」と諦めてはいけません。高校生でも身長は伸びます。

その秘密とは「骨端線」にあるのです。

骨端線とは?

「骨端線」とは、骨の端部分にある軟骨のことで、それが硬くなり骨になっていきます。骨端線が見えなくなることを「骨端線が閉じる」と言います。

骨端線が閉じてしまうと、骨が伸びることがなくなるので声量はストップしてしまいます。

高校生でもこの骨端線が残っていて骨が軟らかいと、ドクターセノビルなどの身長を伸ばすサプリメントで身長を伸ばすことが可能になるのです。

骨端線があるかどうかを調べるには?

高校生になって身長を伸ばすサプリメントを飲んでも効果がなかったというお子様は多いです。それは、お子様の骨端線の有無を知らないからです。

整形外科に行けば、レントゲンを撮ってもらえますので骨端線があるかどうかを調べることができます。

この骨端線が閉じる時期には個人差があるので、お子様の身長で悩み始めた段階で調べておくと良いかもしれません。

高校生になって子供の身長が伸びないと悩む親御さんの中には、ドクターセノビルを飲んで1年で身長を伸ばすことができたという感想もあります。

ドクターセノビルの詳細はこちら

ドクターセノビルのアルギニンの含有量は高校生になっても効果的

高校生になっても身長が伸びる秘密には、やはりドクターセノビルが誇るアルギニンの含有量です。

成長期を超えてさらに大きくなった体にも十分な栄養素をあたえてくれるドクターセノビル。

高校生でも、身長の伸びやスポーツをする上でのパフォーマンス能力がUPしていくことが可能なんです。

ドクターセノビルを飲んで効果があった高校生の口コミご紹介

高校生でドクターセノビルを飲んで効果があったという口コミがあります。ここでいくつかご紹介!

・毎日野球部の練習に励み、秋からドクターセノビルを飲み始めました。来月の公式戦ではレギュラーを取ることができました。(高校二年生)

・息子はバレーボールをしているのですが、遺伝が影響しているのか身長が低く、悩んでいました。そこでドクターセノビルの存在を知り飲み始めましたが、身長が伸びていくのを実感したそうです。アタックを楽々打てるようになったと言って息子も喜んでいます。(高校3年生)

このように高校生になってドクターセノビルにより身長が伸びたと実感しているお子様は、スポーツをしていることが必須でした。より効果を感じるためには、毎日のスポーツをしていることがポイントなようです。

高校生の男子が伸びる身長の平均値はどれくらいなの?

高校生の男子は、成長スパートのピークを超えていることが多いので身長の伸びは中学生の頃より緩やかになり、そこまで急激に伸びません。

骨端線が閉じて、成長期が終わっているとだんだん身長もストップしていくでしょう。

そこで、高校生の男子の身長が伸びる平均値は、高校1年生から高校3年生までの3年間で約2.2cm伸びるそうです。これを知ると、かなり身長の伸びは緩やかになっていますね。

高校生になって身長を伸ばしたいなら断然、ドクターセノビル!

高校生になって身長を伸ばすサプリメントを飲むなら断然、ドクターセノビルがオススメです。

口コミの高さやアルギニンの含有量の多さからドクターセノビルはオススメです!

男子は、女子に比べて骨端線が閉じる時期が遅いと言われているそうなので、高校生でも身長が伸びる可能性を秘めているということを覚えておくといいですね。

ドクターセノビルの詳細はこちら

コメント