身長が低いのがコンプレックス!どうすれば解消できる?

身長を伸ばす方法

夢は身長が欲しいこと!思春期の大きな悩みとコンプレックス

身長が欲しいのは、思春期の夢の一つでもありますよね。遺伝の影響やスポーツをしていないと思春期を低身長で過ごすことにもなりかねません。

特に、思春期は精神的にも不安定な時。

コンプレックスの原因になり、引きずることもあります。

コンプレックスの厄介な点は、大人になってもその悩みが続くということなんです。大人になると諦める人も多いのですが、思春期は同年代の男子が身長が伸びていくのを目の当たりにするので、比べられてしまうこともあります。

コンプレックスを引きずるとストレスになるので、解消できるうちに解消しておくと良いでしょう。

身長を伸ばす方法は、食生活の見直しやサプリメントなど手軽なものから大掛かりな手術など様々です。

自分に合った身長の伸ばし方を見つけて、コンプレックスを解消できるといいですね。

身長が伸びるためにできること。身長を伸ばすストレッチとは

身長が伸びるためならどんなことでもしたいと思う男子は多いもの。そこで、身長が伸びるストレッチをご紹介します。

ストレッチで大切なのは、筋肉をほぐすことです。筋肉がほぐれると体が丸くならないので、姿勢が伸びて身長が高くなるようです。

背伸びをして背が高くなるイメージをする

背伸びはとても簡単ですね。手軽に外出先でもできます。

両手を組んで、手のひらを上に向けて背筋を伸ばしていきます。10秒くらい伸ばしたままで、その後リラックスするのを何回か繰り返します。

キャットバックで姿勢を良くしましょう

四つん這いになって、背中を丸めた後背中を反らすストレッチを繰り返します。この動作で背中の筋肉がほぐれ、姿勢が良くなると言われています。

太ももストレッチで足の筋肉をほぐしていく

足のストレッチは身長を伸ばすのに一番大事です。

片側の足を曲げて座り、左のほうに体重をかけて体を寝かせていきます。太ももが伸びていると感じることが大事です。

この他にも身長を伸ばすストレッチはありますが、筋肉を伸ばしていくストレッチが一番身長を伸ばすのには重要です。

成長期の年齢は個人差がある?平均的な成長期の年齢は何歳?

成長期の年齢は個人差があります。

小学校から始まる子もいれば、中学後半で成長期を迎える子もいます。

平均的な成長期の年齢は?

女子の平均は10歳ごろ、男子の平均は11歳半ばごろとされています。平均なので成長期が早い子は、女子で7歳、男子で9歳から始まったという例もあります。

平均年齢を超えたからといって、成長期の期間は縮まるということはないので自分の成長期をゆっくり待ちましょう。

まだまだ諦めないで!身長が伸びるのは何歳までか知りたい

身長は、伸ばしたいという意欲があれば大人でも伸びます。

大人になると、成長期に比べて伸び率は大きくはないですが、身長を伸ばす努力をすればたとえ1cmでも伸びるものです。

しっかりと身長が伸びていくのは何歳まで?

身長は骨が硬くなり始める18歳頃まで伸び続けます。

急激に伸びるピークは13歳頃と言われていますが、それから伸びは緩やかになっていきます。

成長期はいつまで続くの?始まりが早いと終わるのも早い?

成長期は骨端線が残っている時期までです。骨端線とは身長が伸びるために大事な骨の一部でこれが閉鎖していくと成長期は終わります。

一般的に成長期は男子は17歳〜18歳頃、女性で15歳〜16歳頃と言われていますが、思春期が遅いと20歳を過ぎても成長期が続いている場合もあります。

また、その際に骨端線が残っていると身長が伸びる可能性も十分にありえます。

成長期の始まりが早いと終わるのも早い?

成長期や思春期を迎えるのが早い人は早くに終わっていく人が多いです。小学校のうちに身長が一気に伸びて、中学の頃には身長が止まったという人は少なくありません。男子より女子の方が目立ちます。

成長期の始まりが早くても、成長の度合いが緩やかな場合は持続も緩やかで長く続く場合もあります。

ドクターセノビルの詳細はこちら

コメント