子供の身長は遺伝が影響する!遺伝を乗り越える方法とは

身長を伸ばす方法

身長が伸びると体重も増える?子供の身長の伸びと体重の関係

身長が伸びている時は、体重はどうなっているのでしょうか?身長が伸びる成長期には、体重にも変化が見られます。

男子は男性ホルモン、女子は女性ホルモンが働いて、身長とともに体重も増えていく傾向にあります。しかし、身長ほど急激に増えたり、ピークといったことがありません。

また、男子は成長期には体脂肪率が減るとも言われています。それは脂肪の代わりに筋肉量が増えていくからなんです。

これで遺伝を乗り越える!身長を伸ばす手術はできる?

身長は遺伝的な影響がとても大きいと言われています。

身長が伸びないのは親の遺伝だからと諦めてはいませんか?実は、身長を伸ばす手術があるんです!

イリザロフ法という手術が身長を伸ばす?

イリザロフ法とは、新しい骨を形成する骨の治療法です。人為的に骨折を起こし、骨の再生力を引き出します。

骨延長により身長を伸ばしたり、事故などで骨が砕けた場合の修復も可能な治療ができます。

骨の延長手術について

イリザロフ法は骨の形成術になりますが、延長術とはまた少し異なります。延長術は骨を伸ばすので、身長を伸ばすだけの手術になります。

治療は骨の成長がストップした人が対象と言われているので、成長期が終わった人と言えます。

延長術は持病があったり、心身ともに健康でなければ受けることはできないので、日々体の健康に気を遣う必要があります。

どこの骨を伸ばすの?

ひざ下の骨(下腿の骨)の延長術になります。膝上の骨を伸ばすことも可能です。

何cmぐらい伸びるの?

気になる、身長の伸びは何cmなのでしょうか。

伸びるなら10cmくらいと願う人も多いと思います。骨延長術は、だいたい5cmくらいが限界のようです。

筋肉や皮膚に余裕があれば、5cm以上も可能ですが下腿と大腿のバランスが悪くなったり、日常生活も不自由になる場合もあり、急激に骨を伸ばすのはおすすめではないようです。

整形外科で受けられる身長を伸ばす手術。身長は本当に伸びる?

身長を伸ばす手術は整形外科で受けることができます。骨を伸ばすという手術を行うので外科的手術となり、身長は確実に伸びます。

男子と女子では、やはり男子の方が身長を伸ばしたいと思う人が多く、それだけ身長に対して悩んでいるということがわかります。

女子は、スポーツをしていたり、モデルになりたいという人が手術を受けることが多いようです。

しかし、女子が身長を伸ばすと「整形した」というふうに呼ばれることもあるので、悩めるところでもあります。

アルギニンを多く含む食品を取り入れて遺伝を乗り越える

身長を伸ばすためにはいろんな方法があるのがわかりました。自力ではどうしても身長を伸ばせない時に、サプリメントや手術などの方法で身長を伸ばしますが、その前にできることもあります。

身長を伸ばすアルギニンが多く含まれた食材を取り入れることです。まずは、手軽にできることから始めていくといいでしょう。

アルギニンを多く含む食品とは?

アルギニンを多く含む食材は、
魚介類
肉類
ナッツ類
大豆製品
オートミール
などがあります。

アルギニンは、基本的にたんぱく質が豊富なものにたくさん含まれています。その代表的な食品が魚介類と肉類ということになります。

魚介類の中でアルギニンが多く含まれるものは鰹節、肉類では豚肉、ナッツ類ではピーナッツ、大豆製品では湯葉や高野豆腐などがあります。

積極的に摂取し、それでも効果がない場合にはサプリメントや手術を考えると良いのではないでしょうか。

身長の伸び率が今後の身長を決める!伸び率を上げるためには

身長の伸び率を上げるためには、成長期にしっかり身長を伸ばすことです。

そして、成長期の前にも身長が伸びるような対策をしておくと成長期にぐんと身長が伸びるでしょう。

文部科学省が出している年齢別の平均身長グラフがありますが、一年間での伸び率が低かったり、平均身長より低い状態が続くと今後も低身長の可能性が高くなるでしょう。

そういった意味では、平均身長を知って自分の伸び率がどれくらいなのか把握しておくと早い段階で対応ができますね。

ドクターセノビルの詳細はこちら

コメント