大人になって後悔させたくない!身長を伸ばすサプリとは?

身長を伸ばすために必要なこと

子どもの身長が止まった!それっていつから?

大人になってもっと身長が欲しかったなと思うことはありませんか?自分の子どもには同じ思いをさせたくない、しかし具体的にどう対策してあげればいいのか分からない。

そんな方必見!この記事では身長を伸ばすとされているさまざまな方法と、成長を促す便利なサプリについてご紹介します。ぜひ最後までお読みください。

子どもは成長期の間、身長などの体のつくりがどんどん成長していきます。

「成長期」と一口に言っても0~10歳前後までは第一次成長期、その後は第二次成長期と呼ばれています。身長の伸びが止まるのはこの第二次成長期の終盤、男子の場合は17~18歳前後、女子の場合は15~16歳前後までとされています。

もしあなたのお子さんがこの年齢以下の場合、方法によってはまだまだ身長を伸ばすことが可能です!

身長を伸ばすには運動が良い?

それでは身長を伸ばすためには具体的に何をすればいいのでしょうか。身長を伸ばす方法として良いとされていることに「運動」があります。これは運動することにより骨の成長と成長ホルモンの分泌が促進されるためです。

しかし運動は間違ったやり方をしてしまうと逆に成長の妨げになってしまいます。例えば過度に重いものを担いで筋肉を酷使するウエイトリフティングなどは筋肉の成長を阻害し、身長が伸びる妨げになります。

身長を伸ばすためには「骨に対して縦の運動をすること」が良いとされています。例えばバスケットボールやバレーボール、バレエ、縄跳びなどです。これらの運動に加えて、バランスの良い食事や質の良い睡眠も必要になります。

身長を伸ばすには牛乳が良い?

身長を伸ばすためにもうひとつ良いとされているのが「牛乳」です。牛乳にはカルシウムが豊富に含まれているので、骨の成長に良いとされています。

しかしカルシウムはそれ単体だと骨を作る栄養素に過ぎないので、ただ単に牛乳ばかり飲んでいればいいという訳ではありません。牛乳を沢山飲んで更にたんぱく質や他の栄養素をバランスよく摂取する必要があります。

身長が小さいのは何センチから?

日本人の平均身長は男性で171.5cm、女性で158.3cmとされています。よってこれより小さい場合は一般的に身長が低いということになります。

身長が縮んだ!その原因は?

身長は伸びるばかりでなく、縮むこともあります。加齢による水分の減少により、個人差はありますが40歳を超えると数cmの範囲で少しずつ身長は低くなっていきます。よって今は平均以上の身長だったとしても、将来的にはそれより下がる可能性があるということです。

運動にしろ牛乳などの食事バランスにしろ、身長を伸ばすためには様々な工夫が必要になります。

しかしもっと簡単にかつ効果のある方法があります。それは「ドクターセノビル」というサプリです!

このサプリは成長期の伸びる力をサポートすることを目的とした作られたサプリで、オリンピックや世界大会を目指すアスリートにも安心して利用することができます。

小学校高学年や、中学高校などの成長期スパートのお子さんたちに多く選ばれており、安全性試験実装済みの商品なので親御さんからの支持も高いです。

ドクターセノビルには、成長に良いとされているカルシウムを「伸びる力」に変えるアルギニンという栄養素が2袋になんと5000mg含まれています。

アルギニン5000mgを食事で摂ろうとすると、豚肉や鶏肉で約400g、納豆だと10パック以上を摂取しなければならないことになりますで、ドクターセノビルは非常に優れたサプリメントであることが分かります。

そんな成長において欠かせない存在であるアルギニンに加えて、ビタミンやオルニチンなどの体にいい成分が豊富に含まれており、成長期スパートを強力サポートします。

お子さんの成長のために、ぜひ一度このドクターセノビルを試してみてはいかがでしょうか。

ドクターセノビルの詳細はこちら

コメント