成長期が肝心!背が伸びる方法とは

身長のコンプレックス

成長期っていつからいつまで?

子どもの成長は第一次成長期から始まり、男の子場合は平均で11歳半ごろから、女の子の場合は10歳頃から第二次成長期がはじまります。

第二次成長期はいつまで続くのかと言うと、男の子の場合は17~18歳前後、女の子の場合は15~16歳前後までとされています。一般的にこの第二次成長期の終わりとともに、身長の伸びも止まります。

身長160cmは低いのか高いのか

日本人の平均身長は男性で171.5cm、女性で158.3cmとされています。例えば身長160cmであった場合、男性であれば平均より低く、女性であれば平均よりやや高めであると言えます。

身長のコンプレックス

肥満や肌質など体の悩みは様々なものがありますが、なかでも自分の身長についてコンプレックスを抱いている人は多いのではないでしょうか。身長は高すぎても困りものですが、低くてもなにかと不利に感じることが多いです。

例えば男性の場合だと、背が低いと女性に相手にされなかったり、スポーツで不利になったりすることがあります。

女性においても、背が低いと子どもっぽく見られたり、ファッションが制限されてしまうといった悩みがあります。

モテる身長って何cm?

身長と異性にモテることについては具体的にどのような関係があるのでしょうか。あるアンケートによると男性が最もモテる身長は180~185cmであるという結果が出ています。続いて2位は175~179cm、3位は185~190cmといった具合です。

先ほど述べた平均身長と比べてみても、やはり平均よりも高い身長の男性がモテるということが分かります。

特に女性はヒールを履く人が多いので、お付き合いするならば自分の身長よりもプラス5~10cmは背が高くあって欲しいと思う人が多いようです。

一方女性がモテる身長はと言うと、最もモテるのが160~164cm、続いて2位は155~159cm、そして3位が165~169cmです。女性も男性と同じく、平均よりも高い身長の女性がモテるということです。

しかし女性においては身長よりもそれに見合った体重が重視されているようで、上記の1位の身長の場合は51~53kg、2位の身長だと48~50kg、3位だと54~57kgが最も理想的とされています。比較的スレンダーな女性が好まれる傾向にあるようです。

身長を伸ばすには成長期の過ごし方が大事!

上記で述べたように身長が平均よりも高いか低いかは、人生の方向性を決める大事な問題であると言えます。それではそんな身長はどのように決まってしまうのでしょうか。生まれつきのもの?親からの遺伝?

いいえ違います。大事なのは「成長期をどのように過ごしたか」です。一般的に身長は親からの遺伝が80%、環境因子が20%であると言われています。

この20%の環境因子を成長期に改善していたかしていなかったかで、大人になったときの最終的な身長が大きく変わってくるんです!

では具体的に成長期に何をすれば良いのかと言うと、バランスの良い食事、適切な運動、質の良い睡眠などが挙げられます。どれも基本的なことばかりですが、いざ実践しようとしても毎日続けるのはなかなかに困難です。

そこでオススメしたいのが「ドクターセノビル」というサプリ。ドクターセノビルとは成長期の子どものために開発された、成長期応援サプリメントです。

成長期に必要な栄養素が多数含まれているだけではなく、背が伸びるにあたって欠かせない「アルギニン」という栄養素がふんだんに含まれています。

身長を伸ばすためには牛乳が良いとよく言われています。これは牛乳にはカルシウムが多く含まれるため、骨の成長に良いとされているからです。

しかしこのカルシウムはそれ単体で摂取しても骨を作っていくだけで「伸びる力」にはならないんです。そんなカルシウムを伸びる力に変えるのが「アルギニン」の役割です。成長期にこのアルギニンを効率よく摂取することにより、親の遺伝によるものよりも高い身長を得ることができるのです。

ドクターセノビルの詳細はこちら

コメント