ドクターセノビルって何?その驚くべき効果とは

身長を伸ばすために必要なこと

子どもの身長が伸びるのは高校生まで

子どもは第一次成長期からグングン成長が始まり、男の子場合は平均で11歳半頃から、女の子の場合は10歳頃から第二次成長期が始まると言われています。

第二次成長期は男の子の場合は17~18歳前後、女の子の場合は15~16歳前後まで続きます。

よって男子も女子も高校生頃には身長の伸びが止まる子がほとんどです。

日本人の平均身長は男性で171.5cm、女性で158.3cmとされています。高校生でこの身長まで達していないと、平均よりも低い身長の大人になると言えます。

成長期は栄養が大事

成長期は体にさまざまな変化が起こる大事な時期です。

健やかに成長するためには、バランスの摂れた食事、質の良い睡眠、適切な運動などが必要になります。それではそんな成長期に必要な栄養とはどのようなものなのでしょうか。

一般的によく言われているのは「カルシウム」です。カルシウムは骨を丈夫にするし、身長も伸びると言われています。しかしこの認識は少し間違っています。

何故ならカルシウムは単体だとただの骨を作る栄養素に過ぎず、カルシウムを成長するための力に変えるには「アルギニン」という栄養素が必要不可欠です。

アルギニンとはタンパク質を構成するアミノ酸の一種で、成長ホルモンを促進する力を持っています。このアルギニンの働きがあって初めて、カルシウムは成長期にとって有能な栄養素となるのです。

アルギニンの飲み方

それではアルギニンはどのようにして摂取するのが良いのでしょうか。

アルギニンは必須アミノ酸なので体内で生成することが可能ですが、成長期のお子さんはまだ体が未熟なので、体の中だけでは必要な量のアルギニンを作り出すことができません。よって食べ物などから摂取する必要があります。1日に必要なアルギニンの量はおよそ5000mgです。

この量を食べ物から摂ろうとすると、お肉だと約400g、納豆だと10パック以上を食べなければならないことになります。

しかしこれだと効率が悪すぎるので、一般的にアルギニンはサプリなどで補うことが多いです。タブレットタイプのものから水に溶かす粉末状のものなど色々な商品があるので、自分に合った飲み方の商品を探しましょう。

身長問題は2chでも話題!サプリで解決

背が低い人は自分の身長にコンプレックスを抱きがちです。身長が低い原因は親からの遺伝とも言われていますが、成長期の過ごし方も大きく関係しています。

2chでは次のようなコメントもあります。

 睡眠時間を多く摂りたいが受験を控えているのでなかなか難しい

学生時代は部活や勉強などでなかなか十分に睡眠を摂ることができません。しかし成長ホルモンは寝ている間が一番沢山分泌されるので、睡眠時間が少ないと成長の抑制に繋がります。

 思春期前に伸ばしておかないと生涯の身長も望めない

人によりますが確かに第二次成長期が16~18歳で終わることを考えると、成人してから身長を伸ばすのは難しいと言えます。

やはり大人になってから後悔しないためにも、成長期のうちにサプリなどでキチンとした栄養素をバランスよく摂るようにしましょう。

成長期にはバランスのとれた食事を

成長期は食事も大切です。最近では朝ご飯を食べない子や、成長期なのにも関わらずダイエットと称して少量しか食べないような子もいます。そんな中で毎日毎日バランスのとれた食事を考えるのは大変です。

そこでオススメしたいのが「ドクターセノビル」というサプリです。

こちらは成長期の子どものために作られた成長期応援サプリメントで、たった2袋で子どもの成長に必要な1日分の栄養素が補えます。

アルギニンが豊富に含まれているので、成長期の子どもの「伸びる力」を十分にサポートしてくれます。

水に溶かして飲む粉末タイプで、グレープフルーツ味で飲みやすく薬嫌いのお子さんにもオススメです。お子さんの貴重な成長期を無駄に終わらせないためにも、毎日のお食事のお供にぜひドクターセノビルを試してみませんか。

ドクターセノビルの詳細はこちら

コメント